素鵞庵主の晴耕雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS 今治中心部をぶらぶら 2

<<   作成日時 : 2016/11/14 18:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大山祇神社の後は、隣の四国霊場五十五番霊場南光房にある「今治市戦災の碑」の説明です。
画像

今治は、3回空襲を受けているそうで、はじめ2回は、通常爆弾によるものですが、昭和20年8月6日未明の3回目は、焼夷弾によるもので、400人余りの死者が出たそうです。
その中に、建築家の丹下健三氏の母親もいたとか。
丹下氏の家が、今治小学校付近にあり、父親が死んで、葬儀のため丹下氏が帰郷するのを待っていた母が、空襲に巻き込まれたとか・・・

で、その中で、市庁舎や公会堂を建設した当時の今治市長田坂敬三郎氏が、丹下氏のご近所さんで、その縁で設計を依頼したのではと、ケイボン先生は、おっしゃってました。。。

この後、広小路に移動するのですが、南光坊境内にある金毘羅さんの社の説明がありました。
画像

玉垣には、明治時代の今治の綿織物業者の名前が多いそうです。
このころの綿織物業者は、自前の船を持ち大阪まで製品をはこんでたそうで、そのため、金毘羅さんを信仰する人が多かったそうです。

で、おまけ。
慰霊碑の説明を受けてた時に、クラシックカーが走っていました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今治中心部をぶらぶら 2 素鵞庵主の晴耕雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる