素鵞庵主の晴耕雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々に黒いものが。。。

<<   作成日時 : 2016/11/24 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久々に帰宅しても、夕食まで時間が空いた・・・

で、TV見てて、腹がたったので愚痴ります・・・

テレビ朝日系の夕方のニュースショウ(日本に本当の意味でのニュース番組は殆どありません。犬HKの7時のにゅーすでも、世界基準では”ニュースショウ”扱いになります・・・)で、「ペットが逃げ出したときの責任」についてやっていました。

その中で、まず、逃げ出したペットを捕まえるのが警察や地方公共団体の責任のように見える報道をしていました。
えっっと。。。

    「それは、どの法律で規定されてますか?」

日本の法律おいて、狂犬病予防法に基づく犬の捕獲以外は、行政組織に捕獲義務の有る動物はありません。
よく、イノシシや熊を行政が追いかけ回している光景がTVで流れますが、あれは、
 「住民の安全を守るための緊急措置」
であって、通常業務ではありません。

基本的に、逃げ出したペットを捕まえるのは、飼い主の義務です。
根拠は、「動物の愛護及び管理に関する法律」(通称「動物愛護法」)の第7条第3項です。

「動物の所有者又は占有者は、その所有し、又は占有する動物の逸走を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならない。」

で、これに関する罰則規定は、「動物愛護法」には規定されていませんが、日本の「刑法」には、こういう罪名があります。

 「業務上過失傷害」

法律に定められた注意義務とかを守らないことによって、他人を傷つけた場合の罪状です。
「動物を逃がさない措置をとること」と言うのは、飼い主の「業務」ですから、それを守ってない場合は、当然罪になります。

そのあたりを全く放送しないんですよね。。

それと、逃げたペットを行政が捕まえた場合、その費用を飼主が負担する可能性についても放送してないんですよね。。

これを何処かの女性弁護士が解説してましたけど、このあたりって、どう考えてるんですかね。。。

当然、複数の専門家が監修してるんでしょうけど、もう少し「厳しく」飼い主の責任を伝えるべきじゃないんでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久々に黒いものが。。。 素鵞庵主の晴耕雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる