素鵞庵主の晴耕雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS 報道しない自由があることを、認識しないとね。

<<   作成日時 : 2013/11/21 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

特定機密保護法案の衆議院通過が秒読みに入って、マスコミが賑やかになっています・・・

で、なにか、国が言論統制するように騒いでいますが、よく法案を読んでみることをお勧めします。

法案には、こう書かれています。

「特定秘密を取り扱うことを業務とする者」と「公益上の必要により特定秘密の提供を受け、これを知得した者」による漏えいだけでなく、特定の「取得行為」およびその未遂、共謀、教唆、煽動をも処罰対象とする。

つまり、「特定機密であると知って、情報を公にした場合、処罰する。」という法律なんですよね。。。

つまり、うわさとか、伝聞をブログとかFaceBookに書いたからって、この法律で処罰されることは有りませんが、特定機密を所持した人からわざと聞きだして、書けば処罰の対象になるということなんですよね。

つまり、「特定機密と知っていて書いた人間」が処罰され、「特定機密と知らずに書いた人間」は、処罰されない。。。普通のことではないですか・・・

まあ、なにを特定機密とするかに対しては、問題あるかもしれませんけどね。。。

で、最近よくマス塵に出てくる、沖縄密約を暴露した西山氏。マス塵が英雄視して、持ち上げてますけど、こいつのやったことが、この法律の成立原因になったことを、お得意の「報道しない自由」を使ってかくしたうえ、ドラマ使って、イメージ操作やってるんだよね。。

確かに、「報道の自由」は大切だと思うけど、それは、「相反する意見があれば、双方の意見を同じ分量報道する」という「公平性を保つ義務」をはたさないとその「報道の自由」を振りかざす権利は無いはずなんですよね。。。
権利と義務は表裏一体を忘れて、「権利」だけを主張する今のマス塵は、この法案がなぜ作られたかを思い出してくださいね。。。

だって、「西山事件」の一審は、情報漏えいをそそのかした西山は「無罪」で、持ち出した女性事務官は「有罪」。
普通は、「不道徳」な方法で、情報を引き出そうとした方に罪があるんじゃないですかね。。。

この法律は、特定機密に接する可能性を持つ人間を「守る」法律という側面を持ってるのですが、これは、一切表に出ない。
今の状況では、嫌がらせ的な周辺取材して、情報を聞き出すのは、グレイ「不正」ではあっても、黒「不法」じゃない。しかし、この法律が成立すれば、グレイ「不正」であれば取材側を処罰できる。。
公務員の家族を守る、抑止力になるのですが、マス塵にとって、公務員の家族は、「悪」みたいなんですよね。。。

今まで、好き勝手やってたことをとめられるのがいやなんでしょうね。

ちなみに、「報道しない自由」は、ヘイトスピーチの問題でも行使されています。
中国や韓国に対しての「ヘイトスピーチ」は、大げさに報道するのに、在日米軍に対するヘイトスピーチは、一切報道していません。。。。
マス塵にとって、中国韓国の人の人権は大切でも、アメリカ軍兵士やその家族の人権は、認めることの出来ない問題なんですかね。。

こんな連中が、「人権擁護」を唱えるというおかしさを、誰も指摘しないのですから、日本の「人権団体」の本質がわかりますよね。。

あ。。今日も黒くなってしまった。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
報道しない自由があることを、認識しないとね。 素鵞庵主の晴耕雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる