素鵞庵主の晴耕雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS 災害対策

<<   作成日時 : 2013/10/18 07:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

伊豆大島で、きわめて甚大な土砂災害が発生している。

映像見たけど、あれだけの規模だと、どんな対策も「ムダ」と思た。
対策といっても、崩れた時のハード面の対策。。

崩れる前の対策は、自然条件や環境面で限られてくるので、なかなか難しい。

そうなると、避難等でのソフト面の対策。

今治市の場合、大雨警報が出た段階で、「水防対策本部」が発足する。
これは、今治地区が昔から何度も水害に合っているため。

一方、伊豆大島では、水害をほとんど経験したことがなかったため、警報がでても防災体制を敷くとこができてなかったようだ。
人のことは、笑えないんですよね・・・

今治だって、芸予地震があるまで、地震に対する対応マニュアルはなかった・・・

日本が災害列島である以上、想定できる災害についてのマニュアルの整備は必要でしょうね・・・・

ただね、「批判ならだれでもできる」。
マスコミは、自治体の不手際責めるけど、過剰な対策した場合、それを責めるのもマスコミ。

で、「1000人いて、1人助けることできないのか」といった、「自称」文化人がいたけど、実際災害救助作業してみてから、発言してほしいと思う。
「災害救助用の重機がない」というが、現場の状況は、千差万別。そんな万能型の重機開発にどのくらいの時間とコストがかかるか考えたことあるのか?って、ツッコミ入れてしまった・・

場所が離島であるということで、物資・人員の輸送がネックなのわかってるのか?という発言もあった・・・

しかも、救助のために「サイレントタイム」を設定しても、ヘリコプターを低空で飛ばさせてたことには、釈明も謝罪もしない・・・
まあ、彼らには、人の命よりも「報道の自由」の方が重いらしい・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
災害対策 素鵞庵主の晴耕雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる